ランドセルの総合情報サイト lalala

フィットちゃん

メーカーさまの最新ニュースはこちら

フィットちゃんの背負いやすさ 変わらない、優しいやさしい、背負い心地のランドセル。

2017.05.27 (Sat)

お子さまの成長に、しっかりと対応するランドセルです。

 お子さまの身体は、非常にはやいスピードで成長していきます。「ふと気が付いたら、あんなに小さかった息子の身長が3センチも伸びていた・・・!」なんてこと、ありませんか?成長は、お子さま本人にとっても、親御さんにとっても、うれしいもの。しかし、だからこそ、6年間も使い続けるランドセルにはずっと変わらない背負いやすさを求めたくなります。
 フィットちゃんランドセルでは、そんなお子さまの成長をきちんと想定し、それに対応するランドセルづくりをしています。「6年間ずっと、からだにやさしくしっかり、よりそう」ことをテーマに、背負いやすさの追求にも力を入れているメーカーさんです。注目したいのは2つのパーツが持つ機能。「背カン」と「肩ベルト」です。

特許を取得したこだわりのオリジナル「背カン」

 「背カン」とは、肩ベルトと本体をつなぐパーツのことで、背負いやすさを左右する重要な役割を担っています。フィットちゃんランドセルではこの「背カン」を独自に開発しており、そのこだわりぶりは「フィットちゃん背カン」として特許も取得するほどです。
 具体的なポイントは、まず、肩ベルトを25°立ち上げるようにしたことです。これによって、背中とランドセルの接触面積が10%アップし、その結果、肩への負担は約50%に軽減されます。これはお子さまの正しい姿勢を保つことにも効果的であるとされています。さらにこの背カンは、左右別々にスライドする構造にもなっており、身体が大きくなったお子さまが一番きゅうくつに感じるときとされる、ランドセルを背負うときと、おろすとき。どちらにおいてもスムーズに行うことができます。

やさしい背負い心地に効果的な「肩ベルト」のつくり

 2つめは、「肩ベルト」です。フィットちゃんランドセルでは、内部に衝撃を吸収する緩衝材の入ったWクッション肩ベルトを採用しています。また、身体とベルトとの接触面積を広くし、形をわん曲状にすることで、非常に軽く感じられるようになっています。身体によりそう、やさしい背負い心地です。
 個人差はあれ、お子さまの身体は必ず成長していくものです。長く使うランドセルですから、しっかり対応してくれるモノを選びたいですよね。やさしい背負い心地のランドセルを背負うことで、お子さまの優しい心も育まれていくかも?

フィットちゃんの背負いやすさ「背負いやすく、軽く感じること。」を見る♪

 それでは、ナイト騎士にも登場した優しい心を持つ男の子、アオイ(葵)くんのエピソードをご紹介します☆

アオイくんのエピソード「ランドセルのようなやさしさを。」

アオイくん、大忙し。

 アオイくんは、お医者さまになるために、今日も大忙し。
 学校、英会話、学習塾・・・。日々勉強。でも、勉強は好き。学ぶコト、大好き。だから全然苦になりません。
 また、アオイくんは、困っている人を見たら放っておけない、優しい心の持ち主なのです。だから友達も多く、信頼も厚いのです。
 さてさて、今日のスケジュールは・・・?アオイくんは忙しいので、子どもながらに手帳を持っています。しかもお気に入りは、ランドセル「ナイト騎士」に合わせて、ポケットの多く付いた機能的なシステム手帳タイプ(牛革)。アオイくんは、優しさ以外にも、ちょっと大人びた一面も持ち合わせているんですね♪手帳をチェックすると、今日は学校のあと、英会話教室と書かれてありました。
 趣味や楽しみが多ければ多いほど、荷物も増えていくもの。アオイくんのランドセルの中には、忘れ物などしそうにもないほど、きっちりと整理整頓された教科書、筆箱、そして手帳などが入っています。荷物がたくさんあるのは、勉強をしっかりしている証拠☆

「荷物、持ってやるよ!」

 今日は、友達と一緒に英会話へ行く日です。いつもの場所で待ち合わせしていると、なんと!友達が包帯をしているではありませんか!ジャングルジムから落ちて、肩を脱臼したそう。ケガの痛みで、荷物を持つのが大変そう。もちろん、アオイくんは心配します。そして、そこはやはりアオイくん。優しいので、友達の荷物を「持ってやるよ!」と言ってあげるのでした。友達は嬉しそうに、そして少し照れくさそうに、「ありがとね♪」と言って荷物をアオイくんに渡します。
 でも、友達の荷物は、持ってみると予想以上に重いのでした(笑)ナイト騎士を背負っていなければ、友達の荷物を持ってあげることは・・・ちょっと無理だったかもしれません。
 英会話の帰り。外には大きな夕日が差していました。2人の影がすーっと伸びていきます。帰りも荷物を持ってあげるアオイくん。友達が影を比べると、少しだけアオイくんのほうが背が高いように見えました。アオイくんの優しい大人への成長は、もう始まっているのです。

豆知識豆知識