ランドセルの総合情報サイト lalala

カバンのフジタ

メーカーさまの最新ニュースはこちら

カバンのフジタの丈夫さ しっかりキューブでタフになる。タフなランドセルは、キミを守ってくれる☆

2017.05.27 (Sat)

 2014年8月アンケートサイト「Qzoo」実施調査結果によると、小学生の子どもを持つ母親が「ランドセル購入時に重視した点」は、「丈夫さ」が59%と最も高い結果となりました。同様に、今度は「もう一度ランドセルを買うとしたら重視する点」について聞いたところ、やはり「丈夫さ」が56%と最も高かったのです。
 この調査結果から、ランドセル購入時の決定権者である親御さんの心境がうかがえます。親として、元気ではあるけれども、子どもの「激しい動きに耐えられる丈夫さがランドセルには欲しい」・・・。また、実際にお金を払う立場として、当然、「簡単に壊れたら買い替えをしなくてはならず、困る」・・・、などといった声が聞こえてきそうです。
 いずれにせよ、ランドセルの「丈夫さ」には、大きなニーズがあることは明らかです。ランドセル選びの際は、必ず「丈夫かどうか」をチェックしておきましょう。
 さて、カバンのフジタさんは、まさに、お子さまを守る丈夫なランドセルづくりに力を入れているメーカーさんです。創業以来、お子さまだけでなく、親御さんの声にも耳を傾け、誠実に応えることをモットーとされてきたフジタさん。親御さんの視点から見ても満足できる、フジタさんが提案する「丈夫さ」の秘密を、以下より徹底解剖していきたいと思います◎

負担のかかりやすいところを重点補強。

 まず、カバンのフジタさんが誇る自慢の補強材「しっかりくん」を使用したキューブ型ランドセル「しっかりキューブ」の存在が挙げられます。
 しっかりくんは、ただの補強材ではありません。開口部にピアノ線(鉄芯)を貼っており、また、側面がリブ構造になっているため、補強力が強いのです。
 しっかりキューブは、大きな力の加わりやすいマチ部分に、しっかりくんを使用しています。結果として、マチの幅は125mmと大きいのですが、それにも関わらずつぶれにくい構造を成しているのです。

 さらに、負荷のかかりやすい部分は、要所手縫いをしています。一針一針、丁寧に手縫いをすることによってほつれにくい、丈夫な縫い目ができあがります。

 素材の組み合わせにも注目しましょう。使用している素材は、まず、軽くて丈夫、水や汚れに強く、お手入れも簡単な人工皮革「クラリーノ」とより傷に強い「クラリーノ・レミニカ」。主に北米寒冷地帯で育った牛の表皮を使用している牛革。美しい光沢となめらかさのある手触りが魅力のコードバン。
 本革はなじむ力が強く、人工皮革は復元する力、元に戻る力に優れています。この特長を活かすように、パーツごとに最適な素材の使い分け・組み合わせをすることによって、強度の高いランドセルができあがるのです◎

 それでは、カバンのフジタさんの提案する「丈夫さ」を、『アンシェル』にも登場したケントくんと愛犬コロのエピソードからも見ていきましょう!

カバンのフジタの「しっかりキューブ」を見る♪

ケントくん(とコロ)のエピソード:「ただ仲が良いだけじゃない!」

 ケントくんと愛犬のコロ。出会ったその日から、大の仲良し。きょうだいみたいに仲良し、いつも一緒です。よく遊びます。

 一緒にサッカーもします。サッカーと言っても、ケントくんがサッカーボールを少し遠くへ蹴るとコロが走って追いかけていく。
ただただ、そんな感じですが。コロは、ケントくんが好きなことなら、何でも、好きなのです。何だっていいのです、ケントくんが好きなことなら。 ケントくん、大好き。

 だからケントくんが困ったときは、必ず助けます。ある日の下校途中のこと。近所中で有名なシェパードの「恋泥棒(こいどろぼう)」とすれ違いになったとき、恋泥棒がケントくんにちょっかいを出してきたことがありました。

 恋泥棒は、とても危険なヤツで、体格がよく、歯も鋭い。吠える声も低く太く大きくの三拍子。飼い主もちょっとコワモテの消費者金融関係っぽい人。とにかく、「恋泥棒には気を付けろ」と近所中で評判なのでした。
 そんな恋泥棒が、突然、ケントくんにものすごい剣幕で吠え出すのです。そして、消費者金融の制止を振り切って、向かってこようとしているではありませんか!

 ケントくん、ピンチ!こわくてこわくて、ランドセルを背負ったまま尻もちをついてしまいました。そして思わず、こう叫びます。
 「コローッ。助けて!」
 すると・・・誰かが通報でもしたのでしょうか、コロとパパが駆けつけてきて、恋泥棒を威嚇!ついでにパパも飼い主の消費者金融をにらみつける!何だか夢みたいな光景です!

 すると、消費者金融は意外や意外、物腰低く、「すいませんすいません」とパパに平謝り。恋泥棒を連れて立ち去っていきました。しかし、恋泥棒はなかなか消費者金融の言うことを聞こうとしません。実は全く飼いならせていないようです(笑)
 「コロ・・・パパ・・・助けてくれてありがと」
 パパは、近所の人がケントくんが危ない目に遭っている様子を見て、慌てて電話をくれたので、駆け付けることができたのだそうです。コロを連れてくるつもりはなかったのですが、犬の勘(?)がはたらいたのでしょうか、何も言わなくても勇んでパパに付いてきたそう。

 コロは、ケントくんが大好き。だから、守ってくれました。よかったね。
 ところで、尻もちをついたとき、ランドセルも背負っていたケントくん。ランドセルに傷とか付いていないでしょうか。答えは・・・セーフ!!傷なし跡なし汚れなし。さすがカバンのフジタさんのアンシェル☆これからもコロと一緒に、ケントくんを守ってあげてね◎

豆知識豆知識