ランドセルの総合情報サイト lalala

モギカバン

メーカーさまの最新ニュースはこちら

モギカバンのデザイン こだわりの革、刺繍。デザインにもとことんこだわるモギカバンのランドセル

2017.05.27 (Sat)

 モギカバンさんは、手縫いによって高品質を追求し、妥協しない、ということをコンセプトにランドセルを作っているメーカーです。そう説明すると、お堅いスタンダードなタイプのランドセルしかないのかな…?という気がしてしまいますが、そうじゃないのがモギカバンさん最大の魅力!

 デザインも様々で、素材にもこだわりぬいたモギカバンさんの魅力を、ひとつひとつご紹介していきます♪

シンプルだからこそ際立つ、こだわりの革

 モギカバンさんのこだわりがまず感じられるのは、革です。見え方と品質を、内からも外からも追求した革に対するこだわりを、ぜひ感じてください♪

なめらかな色合いに惹かれる…つや消しスムース

 まずはランドセルの外観。
 モギカバンの牛革に使用されているのは、「つや消しスムース」という牛革です。

 写真の左がその「つや消しスムース」。右は「型押し」と呼ばれる加工がされたものになります。
 同じ牛革ですが、見比べてみると、型押しは光があたると反射するように白くなるのに対し、スムースは光を反射せず、なめらかで深みのある色合いです。
 モギカバンでは、この質感にこだわり、牛革ではスムースを使用しているんです。更に使い込めば、どんどん味わい深い天然の革の魅力が引き出されていきます。お子さまも、6年間愛着を持って、丁寧に扱いたくなるランドセルです。
 もちろん、防キズ・防水加工が施されているので、その点でも安心です◎

熟練の技が味わい深いデザインに

 次は内装!
 モギカバンは、創業87年の老舗のランドセルメーカーです。職人さんたちの熟練した技術は、ランドセルの丈夫さだけでなく、その見た目の美しさにも表れています。
 そのこだわりが感じられるのが、「たくみ」シリーズの『プレステージ』。

 ステッチが差し色になっているものと、かぶせ部分のフチの色が違っているコンビカラーなど、シンプルさが光るデザインです。まさに、背中で語る美しさ。

 しかしこの『プレステージ』の美しさは、外観だけにとどまりません!
 中を開くと、昔ながらのランドセルであるオレンジの内装が現れます。これはアメ豚といって、一頭から内装二本分しかとれない、貴重な革。かぶせと大マチ部分に境目があるのが一般的なランドセルですが、『プレステージ』は、アメ豚の一枚通し。境目などがなく、美しい一枚の革から成っています。これはまさに、職人の熟練の技術の結晶ですね。モギカバンさんのこだわりが感じられる一品ですね。

モギカバンのランドセル一覧を見る♪

お子さまの個性を表現できる、オシャレなランドセルを

 熟練した技術で追求したシンプルなデザインだけが、モギカバンさんの魅力ではありません。可愛いデザインが大好きな女の子のためのシリーズも用意されています。
 それは、『プラチナ』と 『プリズミックス』。職人の高い技術+センスが光る注目のシリーズなんです。

 まずは『プラチナ』。その名の通り、プラチナのように輝く、女の子の憧れを形にしたランドセルです。

 ラインナップのひとつ、『ティアラ』は、シャンパンゴールドの本体色に、パープルのステッチ・刺繍がほどこされたデザインです。 モギカバンの工場がある群馬県桐生市は、もともと織物の産地なので、刺繍屋さんも多くありました。その技術力が、ランドセルにも生かされてるからこそ、高い品質の可愛らしいデザインが生まれるんですね!

 もうひとつの『プリズミックス』は、刺繍にスパンコールが加えられたデザインになっています。

 モギカバンさんは、ランドセルもお洋服のように、自分の個性を表現する大事なアイテムだととらえています。ぜひ、お子さまの個性に合わせてランドセルを選びましょう♪

豆知識豆知識