ランドセルの総合情報サイト lalala

モギカバン

メーカーさまの最新ニュースはこちら

モギカバンの安全・安心 モギカバンのランドセルは、お子さまの毎日も、しっかり守る。

2017.05.27 (Sat)

 モギカバンのランドセルは、1929年の創業以来、伝統を守り、かつ新しいアイディアも積極的に取り入れながら進化してきたランドセルメーカーです。
 デザインはシンプルで洗練されたものが多く、製造方法も手縫いにこだわるなど、職人気質でこだわりが強いランドセルが揃っています。
 だからといって、そこにとらわれるのではなく、しっかりお子さまの毎日を考えた、最新の機能も取り入れているところが、モギカバンの魅力なんです。

 今回は、MOGIカバンに備わっている安心・安全の機能を、ひとつずつ見ていきましょう♪

モギカバンのランドセル一覧を見る♪

入学準備、「安心・安全」のチェックも忘れずに!

とっさに手に取れるように。「防犯ブザーDカン」

 入学準備には、ランドセルのほかにも、様々なものが必要になりますよね。筆箱などの筆記用具類はもちろん、上履きや体操着を入れる手提げ袋など…。
 そんな中で意外に見落としがちになってしまうのが、防犯ブザー。万が一のときに、お子さまが危険を周囲に知らせるのに、重要な役割を果たしてくれます。

 この防犯ブザー、すぐ鳴らせる状態にしておくことが重要!。
 モギカバンのランドセルには、両サイドにDカンが取り付けられており、荷物やキーホルダーなどが付けられるようになっています。
 そして、それに加え肩ベルト部分にも「防犯ブザーDカン」が備わっているんです!
 肩ベルトを持つ位置についているので、ここに防犯ブザーを取り付ければ、視界に入りやすく、いざという時にも、とっさに鳴らせます。
 このDカン、右利きの子でも、左利きの子でも、どちらのお子さまにも使っていただけるよう、両方の肩ベルトに備わっているのも嬉しいポイントです。

 防犯ブザーは、持っていること、それ自体が防犯につながります。お子さまが気に入ったデザインであれば邪魔にならずに持ち歩いてもらえますし、かつ防犯機能もしっかりとしているものを選んであげましょう。

鍵の閉め忘れ防止!「ワンタッチ錠前」

 ランドセルの鍵の締め忘れ…お父さん、お母さんも、一度は記憶にあるはず。締め忘れて、おじぎをしたり、なにかの拍子で教科書が飛び出してしまうこと、ありましたよね。

 ランドセルを背負うのは、主に登下校時。つまり外の場合がほとんど。そんな時に、もし道路や道端などで、鍵の閉め忘れによる教科書の飛び出しが起こってしまっては、とても危険です。

 そんな鍵の締め忘れを防止してくれるのが、「ワンタッチ錠前」!
 かぶせ側についている金具を、本体部分に合わせるだけで自動で締めてくれるので、うっかりミスを防ぎ、より安全につながります。

夜道でも安全に帰れるように「反射材」

 これから始まる小学校生活。親御さんがなにより心配なのは、お子さまの一人歩きではないでしょうか? はじめて、しかも一  人で外を歩くということは、親御さんにとっても、お子さまにとっても不安が多いはず。
 車や自転車との接触事故などの不安を少しでも減らすために、入学前に是非やっていただきたいことがあります。
 それは、登下校のルート確認。
 登校時と下校時、あるいは季節によって、交通量などは変わってきます。またお子さまも学年があがるにつれ、帰る時間が遅くなったり、あるいは塾・習い事に通うようになったりと、生活がどんどん変化していくこともあります。

 そんな中で、お子さまの夜道を守ってくれるのが「反射材」。
 暗い夜道でもピカッと光って、ドライバーさんにお子さまの位置を知らせてくれる、お子さまの味方です。
 防犯ブザーと合わせて、入学準備の際に見落としてしまいがちなアイテムですが、モギカバンのランドセルには、反射材がはじめから埋め込まれています。
 ランドセルの両サイドと、かぶせのびょう部分につけているので、後ろからも、横からも光って安心です。

 お子さまと交通安全のルールをふりかえって、安心・安全に登下校ができるように準備しましょう!

モギカバンのランドセル一覧を見る♪

豆知識豆知識