ランドセルの総合情報サイト lalala

モギカバン

メーカーさまの最新ニュースはこちら

素材へのこだわりがあるから、使い込むほど、味わいや輝きを増すのです☆

スムースと型押し
2017.07.13 (Thu)

 素材。それはランドセルにとって、生命のようなもの。ランドセルは、素材となる皮革から生まれ、ともに育まれ、そして使い込まれていくのです。
 そんな素材への作り手の「こだわり」は、ランドセルづくりにおいてはこれ以上ないくらい重要であり、より「いいものをつくる」ことへの情熱の表れでもあります。

 モギカバンさんは、素材をこよなく大切にしているメーカーさんです。そのこだわりぶりは、素材を選ぶところから始まります。詳しく見ていきたいと思います♪

質感がなめらかで、美しい発色の「つや消しスムース」を採用!

 牛革の表面の質感には、ふたつの種類があります。ひとつは、コードバンのように美しいなめらかな風合いの「スムース」です。もうひとつが、「ボルサ」と呼ばれる、型押しをしたようなザラッとした風合いにものです。

 モギカバンさんでは、防キズ・防水加工を施した「つや消しスムース」が採用されています。
 牛革は、本来、表面に血管が浮かんで見える「血筋」や、けがの治った跡である「治りキズ」があります。スムースにも、もちろんそれらはあり、革を裁断するときには極力きれいな箇所を選んで裁つため、無駄が多く出ます。

 その一方でボルサは、人工的にザラッとした風合いを出しており、血筋などを隠してあるため、裁断時の無駄が出ません。無駄が出ないぶん、コストが抑制できるので、ボルサを好むメーカーさんは多いのです。

 しかし、あえて、モギカバンさんでは、防キズ・防水加工を施した「つや消しスムース」が採用されているのです。
 その理由は、ひとつめが、発色の良さ。型押しの革は、光が当たったときに乱反射を起こし、白っぽく見えてしまいます。しかしスムースは、同じ条件下で、かえって深みのある美しい色合いを出します。この点がスムースを採用する理由のひとつです。
 もうひとつの理由は、使い込んだときの天然皮革ならではの味わいです。スムースは、美しく、そして自然に、その味わいを深くしていきます♪

素材もサイズ感も使いやすい!時間割ポケット☆

時間割ポケット

 もうひとつ、注目しておきたいポイントがあります。それは、「時間割ポケット」が付いていることです。
 最近では、小学校ではB5サイズの時間割表が配布されることが多いため、モギカバンさんでは、それに合わせた大きさのポケットを導入しています。
 素材も破れにくく丈夫で、また、蒸れにくく汚れにくいメッシュでできているため、重宝すること間違いなしのランドセルなのです♪

 ランドセルは、一定の、限定された条件下でのみ使われるものでは決してありません。使う状況は毎回違ってきますし、使っていけばいくほど成長もしていくものです。
 それを踏まえ、しっかりと最適な素材をこだわって選び、丈夫さにつながる工夫を加え、ランドセルをつくり上げるモギカバンさん。使い手のことをしっかり考え、よりそってくれる、とても誠実な、信頼のおけるメーカーさんであることが分かりますね◎

モギカバンのランドセル一覧を見る♪

豆知識豆知識