ランドセルの総合情報サイト lalala

基礎知識

メーカーさまの最新ニュースはこちら

ランドセルのデザインについて知ろう

2017.02.23 (Thu)

様々なカラーのランドセル

 お子さんの小学校入学を控えたお父さん、お母さん、ランドセルの購入はもうお済みですか?
まだ迷っている方は、ランドセルのデザインなんかで迷っていたりしませんか?

 「うちの子はピンクが好きだから、ピンクのランドセルって決めてはいるんだけど…」と、あと一歩の一押しが必要な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 ランドセルと言っても、お父さんお母さんが子どもの頃にはなかったデザインばかりですからね。

女の子のランドセルのデザインが豊富なのはもちろんのこと、男の子のランドセルだって、女の子に負けないくらいオシャレなものがたくさんあります。

ランドセルのほぼすべてにこだわっています。

 ランドセルは、各メーカーさんのオーダーメイドのページを見るとわかりますが、ほぼすべての部位をオーダーできるようになっています。デザインというのは、ワンポイントでどこかに重点的になされているのでなく、ほぼ全体にしっかりと趣向が凝らしてあるのです。

 外から見てパッと目を引くのはやはり、大マチの刺繍やエンブレムでしょう。かぶせのステッチの色も、ランドセル本体のものとは異なるカラーでさし色になっていたりするのでセンスが光るデザインになっています。かぶせの鋲も、ハートやリボン、お花、ほし、エンブレム、盾といった形があります。

 そして、ランドセルを下ろしたときの背あても、通常の背あてのほかに、女の子向けのものだと通気性も兼ねた、クローバーのような形のステッチが施されているものもあります。男の子向けだとエンブレムの形のような、クールでいかにも通気性がよさそうに見えるものまであります。

 それからかぶせを開けてみると…かぶせ裏には、ハート柄や花柄、ほし柄、チェック柄、ストライプ柄が、隅までびっしり!教科書を出すのが楽しくなっちゃうようなデザインまでしてあるんです。ランドセルの前ポケットにだって工夫がされています。前ポケットの透明の窓枠は、形が通常のスクエアや楕円のほかに、ハート型、ほし型まであります。さらに、ファスナーの引き手がハート型や剣の形になっていたり、細部にまでこだわりが見られます。

 このように、パッと見でわかる外装にも、ランドセルのかぶせを開けてよく見てみるとわかる内装部分にもたくさんの趣向が凝らされています。男の子、女の子でそれぞれどんなデザインが施されているのか違いを見ていきましょう。

男の子のランドセルのデザイン

・外装

 男の子のランドセルでポイントなのは、ラインやステッチなどの、本体の色と異なるさし色です。男の子のランドセルの色は黒や青、ネイビーなどが多いので、かぶせのステッチやフチの色には明るい赤や青が使われ、アクセントとして引き立てられます。大マチに、同様の色のラインが入ったものまであります。男の子のランドセルのこういったラインやステッチは、クールでスポーティーな雰囲気を醸し出してくれます。

 また、男の子のランドセルでは、モチーフ的なものは刺繍の他にエンブレムや型押しなどで表現されています。大マチ部には刺繍や型押し、エンブレム、プリントなどさまざまな形でモチーフを施すことができます。刺繍だと勇ましい獅子の刺繍なんかが多く、型押しだと剣やほしなどのデザインが見られます。プリントは、型押しやエンブレムでは表現できないものまで、なんでもおまかせ。かぶせにモチーフを入れる場合は、小さな刺繍や型押しをさりげなく入れる場合が多いでしょう。

・内装

 男の子のランドセルのかぶせ裏は、定番の無地の他に、青と黒の組み合わせのストライプ柄や、緑と黒のチェック柄などが見られます。男の子らしいデザイン、というよりも紳士的なデザインが人気です。

 また、ランドセルの前ポケットの窓枠は、男の子向けのものだと通常のスクエア型や楕円型が多いのですが、前ポケット自体にステッチや型押しが施されていたりと、しっかりと工夫がされています。

 前ポケットのファスナーもあなどることなかれ、引き手は通常の細長いスティックタイプのものだけでなく、エンブレム型のものだってあるんです。

女の子のランドセルのデザイン

・外装

 女の子のランドセルのデザインは、刺繍がポイントです。刺繍は、おもに大マチの部分に入れられます。定番のハートやリボン、お花、ちょうちょ、ティアラ、フリル、クローバーなどでいろどられます。もはや女の子のランドセルでは当たり前でしょう。

 また、ランドセルのかぶせは、たとえば本体がパープルのランドセルだったら、かぶせのステッチやフチの部分の色は、ピンク色になっていたりします。ステッチは、本体と異なる配色で施されるだけでなく、女の子らしいスカラップのようなデザインに変身したりと、ステッチならではの表現をすることだってできるんです。かぶせ下部に縫い付けられる鋲も、刺繍と同様、ハートやリボン、お花、ほしの形をチョイスしたものまであります。

・内装

 かぶせ裏の柄は、無地だけでなく、男の子同様のほし柄、チェック柄、ストライプ柄のほかに、ハート柄や花柄にだってできちゃいます。

 前ポケットには、大マチ同様、かわいいハートやリボンの刺繍がちゃんと忘れられずに入っています。前ポケットの窓枠も通常のスクエア型や楕円型のほかに、女の子らしいハート型や元気な印象のほし型、お花型まであるんです。

 また、ファスナーにもさりげなくかわいい工夫が。ファスナーの持ち手は、ハート型やほし型、お花型などがあります。細部にまでかわいさを追求したデザインが溢れていますね。

ずっと使うことも考えて、素敵なデザインのランドセルにしよう


ランドセル 親子

 以上でデザイン性の高いランドセルの特徴を上げてきましたが、こういった流行に左右されない、シンプルなデザインのランドセルもあります。

 低学年のうちは、かっこいいデザイン、かわいいデザインで溢れたランドセルを気に入って使ってくれるでしょう。

 ですが、高学年になると今度は刺繍やエンブレムがいっぱいついたランドセルが使いづらくなってしまいます。そんなとき、シンプルなものだと成長してからは助かります。パパやママは、その辺を知っているのでシンプルなものを買ってあげたくなるでしょう。

 でもやっぱり、シンプルなランドセルというのは、購入時の小さなお子さんにとってはちょっと物足りないかもしれません。ハートがいっぱいついたランドセルがいい…かっこいいエンブレムがついたやつが欲しいのに…と、なかなか諦めきれない子もいるのではないでしょうか。

 実は、そんなお子さんの希望を叶えるような、「刺繍シール」なるものまであるんです。一部の会社さんでしか発売されていませんが、ハート、リボン、ティアラ、ほし、エンブレムなど通常は刺繍としてランドセルに施してあるモチーフが、シール化されたものがあるんです。

 シールですので、自由に取り外しができ、さらに自分の好きなデザインにカスタマイズできます。低学年のうちは、たくさんシールを貼って個性的なランドセルにして、高学年になってからシールをはがしてシンプルな状態で使う、ということができる優れものです。これなら、シンプルなランドセルを買ってもお子さんも大満足です。

 最新のランドセルのデザインにはどんなものがあるかおわかりいただけたでしょうか?素敵なデザインのものを選んだり、自分でカスタマイズして、お気に入りのランドセルで入学式を迎えられるといいですね♫

豆知識豆知識